クレジットカードとキャッシングの世の中の仕組み

クレジットカードやキャッシングや世の中の仕組みなどについて書いてみました。

TOP PAGE

クレジットカードの審査をクリアする基準とは

クレジットカードの所持率は非常に高くなっており、学生や、主婦でも持っていることが珍しくありません。簡単に利用できるようになったクレジットカードですが、申込み時の審査基準はどのようになっているのでしょうか。


月々の安定した収入を得ているかどうかは、クレジットカード会社の審査では、どの会社でもチェックしています。収入が一定でない人や、収入が多くない人の場合は、クレジットカードの審査をクリアできないことがあります。クレジットカードを新しく発行してもらいたい時は、クレジットカード会社の審査でOKが出なければ、カードはつくってもらえません。クレジットカード会社は、返済が滞りなくできる人物かを知るために、会社に勤めてからの年数や、年間の給与などを調べます。前の会社を退職した理由や、現在の会社の給与、勤続継続年数が何年目になるかは、審査で特に確認しておきたいところです。


クレジットカードの審査に通りたいという思いから、年収の欄を記入する際に本当の金額よりも水増しして、申込みをする人も少なくないようです。


金融会社は、新規のクレジットカードを発行する時には必ず審査を行い、返済能力があるかどうかを調べているものです。

クレジットカードを発行しても問題にいくらいの信用能力があると表明するためにも、書類でうそを書かないようにしてください。大抵の人は、自分のスマホや、携帯電話を持っていますが、最近は固定電話が家にあるというところは、減少しているようです。
クレジットカードの審査で、信用能力が高いと判断される要因はいくつかありますが、その中の一つに、固定電話を利用しているかということがあります。

クレジットカードの申込み時に行われる審査について

金融会社の審査をクリアできなければ、クレジットカードを新規で発行することはできません。

クレジットカードを作成する際に、どんな人であったとしても避けて通れないのが申し込み時の審査です。クレジットカードを使えるようになりたいけれど、審査の受け方がわからないという人もいます。審査を通過しやすい人と、しづらい人とがいるようですが、クレジットカードの審査を受ける時に心がけたいことは何でしょう。まず最初にチェックされるのは、申込書に必要な情報が確実に埋められているか否かという点です。クレジットカード会社は、様々な点をチェックして総合的に審査を行って、合否の判定を下します。


提出した書類が事実とことなることばかりだったら、信頼性に乏しい人として、クレジットカードは発行されません。クレジットカードの申込書を送付する前には、記入漏れが無いか必ず確認しましょう。

クレジットカード会社が審査の際に必ず確認をするのが、借入金の返済トラブルの有無です。金融会社は、信用情報会社に照会することで顧客の金融サービスの利用履歴を知ることができるので、隠し立てはできません。別のクレジットカードを使った時や、ローンを組んだ時に、返済ができなかったことがある人は、審査は十中八九通りません。


発行までにかかる期間の短さを売りとしているクレジットカードは、信用機関への問い合わせで問題が無いと判断された時点で、カード発行の手続きへと移るケースもあります。クレジットカードを利用する際は、返済トラブルを起こさないように、計画性のある借入れをするように心がけましょう。

主婦や学生の申込みによるクレジットカード審査のポイント

誰もが1枚は所有しているクレジットカードは大変便利なものであり、主婦や学生でも申込みが出来るようになっています。


ネットでの買い物が一般化している昨今では、クレジットカードを使った決済方法は基本ともいえるものになっており、生活を支える存在となっています。クレジットカードの申込みには審査があり、審査で問題がなければカードをつくってもらえます。もしも申込み時の審査に通過出来なかった場合は、クレジットカードを所有する事は不可能になってしまいます。審査では、住所氏名はもちろんのこと勤務先や連絡先といった個人情報の他にも、クレジットカードの発行歴や使用歴、ローンの有無といった信用情報を確認します。クレジットカードの利用条件や、付帯しているサービスの内容、審査のクリアラインはクレジットカード会社ごとに差がありますので、審査の結果も同じにはなりません。


基本的に返済能力が高くて、信用性が高い場合は審査に通過しやすく、逆に返済能力や信用性に不安がある場合は落ちやすくなると考えて間違いありません。過去にキャッシングの利用トラブルを起こしたことがなく、年収の高い仕事に長期にわたってついていると審査では有利です。収入が不安定か全くない学生や専業主婦は、クレジットカードの審査では不利になりやすいてすが、それでも最近は審査でOKが出やすくなっています。本人に返済能力がなくても主婦なら配偶者、学生なら親権者に返済するだけの能力があれば審査に通過する事も可能となっています。


クレジットカードが欲しいからといって闇雲に申し込むと、申し込みブラックという状態になり信用に傷がついてしまいます。

不必要なクレジットカードを持っていてもデメリットしかありませんので、使うカードだけを持つようにすることが重要になります。

キャッシング申込の仕組みと制度の比較

近年では、スマホやパソコンを利用したネットキャッシングが、キャッシングサービスの中心です。


実際にキャッシングの申し込みをする時には、正しい手続きについて早めに学んでおくことが大事です。キャッシング会社によって申込みの方法や審査の条件など異なる点が多々あるので、事前に確認しておきましょう。

様々な貸付条件や、キャッシングサービスの内容の中から、自分に合うキャッシングを探すにはどうすればいいかを知りましょう。幾らまでの借り入れができるのかは、キャッシング会社ごとに違っていることの中の一つです。キャッシング機能がついているクレジットカードがあれば、最寄りの提携ATMから融資を引き出すことができます。


銀行も、コンビニも、自宅のすぐ近くにある人が多いですから、簡単に金融機関からのお金を借りられるのです。キャッシングを利用してお金を金融機関から借りれば、必ず金利により計算された利息が発生します。借りた金額に利息を足した分を返済していかなければならないので、借入れする前に返済金額を考慮して返済計画を立てておくことをおすすめします。


融資金を確実に返済するためには、融資を受けた時に返済プランを固めて、実現可能な範囲でのも借りることです。

一度借りたお金を返済できないということになってしまうと、信用情報会社にその記録が残って、今後の審査に不利になります。滞りなく融資を受けるためには、貸し付けの申込み手順だけでなく、完済までのプランのつくり方も知っておく必要があります。

簡単にできるキャッシングの申込み

難しい書類を提出したり、厳しい審査を突破しなければ、お金を借りたくても借りることができないと考えている人がいます。しかし現在のキャッシングは、随分と簡単に申込みができるようになっています。一度でもキャッシングの借り入れをしてみると、こんなに簡単にできるものかと驚く人も少なくありません。


手続きも簡便化され、さほど時間をかけずにキャッシングの申込みが今はできます。電話による申込みは前からある方法にでしたが、インターネットの普及により、随分と簡単に手続きができるようになっています。いつでも、どこからでも、ネットにアクセスできる状態にあるなら、キャッシングの申込みができます。

免許証などはカメラ機能などで画像化し、金融会社に送信します。それ以外の情報は、申込み用のフォームから送信するという仕組みです。申込みの手続きが済めば、審査の結果を持つだけで、無事審査を通過すれば、契約書類とカードが郵送されてきます。申し込み日のうちに融資がうけられるキャッシング会社も増えており、無人契約機での手続きならその場でカードを発行してもらえます。


スピード審査を売りにているキャッシングサービスを利用すれば、すぐにでも現金を借りることができます。家族にバレては困る場合には、無人契約機で受けるようにすれば、自宅に郵送されることは無いので、家族に内緒でお金を借りることも可能です。

借入金額がそれほど大きくなければ、収入を証明する書類などを提出しなくても、融資OKとなるようなキャッシング会社もあります。

Copyright (C) 2016 クレジットカードとキャッシングの世の中の仕組み All Rights Reserved.

TOP
PAGE